HOME>ホットトピックス>ライフスタイルに合わせて新品に交換するのも手です

色々な種類がある

給湯器

お湯を使い方と気に役に立つのが給湯器です。備えられている家庭も多いことでしょう。給湯器はガスだけでなく電気を燃料としたタイプもあります。また、製品ごとにお湯を沸かすシステムも違います。ガスや電気の力でお湯を沸かすのは瞬間式です。他に電気代・ガス代が安い深夜にお湯をまとめて沸かす貯湯式もあります。サイズも豊富にそろっています。キッチンにある瞬間湯沸かし器はもっとも小さいサイズになります。大型になると給湯だけでなく床暖房までカバーしている製品もあります。ライフスタイルに合わせてサイズを使いわけていきましょう。

燃料費も違いがあります

オール電化やガス床暖房が設置してある家庭は料金が割安となるプランに加入できます。使用する給湯器は光熱費の中でより安い燃料にするといいでしょう。毎日大量に使う場合は石油が一番コストが安いです。エコキュートやエコジョーズなどの最新式は光熱費が大幅に安くなるでしょう。その分、設置するには初期費用がかかります。

交換した方が良いタイミング

給湯器には10年~13年程度の寿命となります。お湯が出ないなどの不具合があれば交換を考えた方が良いでしょう。結婚や出産で家族が増えた場合は、現在の給湯器では容量が足りなくなるかもしれません。特に、貯湯式ではお湯を使いきってしまうと翌日の朝までお湯が出ません。もっとお湯が欲しくなったら交換を考えましょう。交換が難しいならキッチンに瞬間湯沸かし器をつけてもいいでしょう。家を建て替えたりリフォームしたりするときもチャンスです。エコジョーズやエコキューとは初期費用がかかる分月々の光熱費はだいぶ安くなります。古い製品よりも新しい方が同じサイズでも省エネになります。

広告募集中