HOME>注目記事>給湯器が故障してしまったら、何をすればいいの?

給湯器が壊れてしまったら

給湯器が壊れてしまったら、自分で直すよりもメーカーなどのプロに修理依頼するほうが、手間と費用、時間を最終的には抑えることが可能になる場合が多いです。

給湯器を買い換える際に準備すること

  • 給湯器の種類違いをチェックしておく。
  • 設置場所をどこにしておくか事前に確認しておく。
  • 給湯熱源を選ぶためにも、普段の生活サイクルを把握しておく。
  • 複数の場所で給湯できたほうがいいのか、それともお風呂を沸かしながら給湯したいのかなど、機種を選ぶ前には利用状況の把握をしておく。
  • 初期費用や購入費用を事前にチェックしておく。
  • 各メーカーの実績やアフターサポートの有無などを把握してからメーカーを選ぶ。
  • 使用人数・頻度から湯量を導きだしておく。
  • 種類によって異なる工事費や光熱費をチェックしておく。
  • 機能によっての違いを把握しておく。
  • どこで購入するか購入先をチェックしておく。

管理組合に承諾を得る

作業員

給湯器には、主にガス給湯器と電気温水器があり、浴室内・屋内・屋外のいずれかに設置されています。交換するにしても、まずは、種類と設置場所を確認しましょう。最近では、屋外の壁掛けタイプが主流で、一台で給湯機能と湯ばり、追い焚きなどの風呂機能がついています。築古物件(マンション)では、給湯器が浴室内にあるバランス釜タイプも見られます。もしも、新しいものに交換するならば、決してできないワケではありませんが、給湯能力が13号~16号までなどの制約が生じる点に注意しましょう。バランス釜の場合、できれば新たにバルコニーに屋外型給湯器を設置し、給湯能力も24号に上げたリフォームをしたいものです。外壁に穴を開けるため、管理組合の承諾を得ることを優先させます。

比較・検討をしよう

給湯器

給湯器の修理だけなら施工したメーカー(業者)に連絡をし、どこに故障があるのか、修理したい内容を伝えます。訪問してから、修理に関する内容を説明され、見積もり書に納得できてから、修理になります。しかし、古いタイプであれば、交換というケースや新しい製品に変更することもありますから、比較・検討が必要になります。

ガス会社も相談役

給湯器

いずれの場合でも、給湯器のリフォームをするのであれば、多くの配管や換気用のダクトの確保など設計上の課題があります。ですから、専門家に判断してもらうのがいいでしょう。ガス会社に相談するという手もあるかもしれません。

広告募集中